• ファクタリングについて

    ファクタリングとは資金を調達する方法の一つです。


    一般に資金調達といえば、銀行などの金融機関からお金を借りることを思い浮かべる人が多いでしょうが、方法は決してそれだけではなく他にもあるのです。

    ファクタリングについての情報ならこのサイトです。

    そのような方法の一つがファクタリングです。売掛債権をその場で買い取ってもらい、現金化するサービスのことを指します。



    ファクタリングとは誰にでもどんな場合でも利用できるものではありません。


    普通は、何らかの事業を営んでいる場合、それもどちらかというと中小零細企業などによく当てはまる方法です。


    そして、その企業なり個人事業主が、何らかの商品やサービスを顧客に対して提供する仕事をしているとします。
    というか、何の商品もサービスも提供しない企業や個人事業主というのは普通ちょっと考えられませんから、少なくともこの部分はどんなケースでも当てはまるはずです。
    この場合、自社の商品やサービスを提供するとの引き換えにその代金が得られればよいのですが、個人相手の商売ならばまだしも、企業相手の、しかも大口の取引となると普通はそうではありません。

    商品やサービスは先に受け取って、代金は後から請求書に基づいて支払うということが多くなります。



    この、後からというのがくせ者で、多くの中小企業や個人事業主を悩ませる材料となっているのです。その間にも自社としては運転資金は必要になるからです。


    そこで、後から代金を支払うという約束、つまり売掛債権をその場で買い取ってもらうことで資金を調達するのがファクタリングです。