• ファクタリングの仕組み

    ファクタリングとは売掛債権を買い取ってもらうサービスのことですが、どうしてこのようなサービスを行うことができるのでしょう。
    買い取ってもらう側はその場で現金が得られるメリットがありますが、買い取る側としては何らかのメリットがないとこのようなサービスをわざわざ提供することはないはずです。
    買い取る側のメリットとしては、そこに手数料収入というか差額収入があることに他なりません。
    つまり、ある売掛債権があったとして、ファクタリングサービスではその額面どおり100%の金額で買い取ることはありません。

    最近のファクタリングのサイトが登場しました。

    ある程度割り引いた金額、例えば95%とか98%などといった金額で買い取ることになります。



    期日が到来したときには、債務者からは額面通りの金額を受領することができるわけですから、その差額がファクタリング会社の利益となるわけです。

    ではこのようなサービスを利用するのは、ただ単に損なのではないかと思われるかもしれません。



    期日到来までその売掛債権を持っていれば100%の金額を受け取れるのに、早まって手放したために数%とはいえお金を失うことになるからです。

    確かにそれはそのとおりですが、しかし期日以前に現金を入手できるメリットのほうが大きいと考えているからこそ、役に立つサービスであると言えます。

    売掛債権の期日到来以前にお金が必要になるケースは数多く、そのために別途お金を借りるのはそれこそ利息が発生することになります。