• ファクタリングの仕組みを知る

    ファクタリングとは、売掛債権などを買い取ってくれる業者やそのサービスのことです。

    事業を行っていくさいには、代金を後払いにして後日の定められた期日に支払う売掛が良く行われます。
    売掛のメリットは購入する側は、支払いを後日に回すことができるので、現金の流出が少なくて済みますし、場合によっては資金なしでも売掛を上手く使うことで事業をすることも可能です。

    一方で商品を売る側にとっては、商品を売ったぶんだけ本来得られる資金が先延ばしとなり現金の流出につながります。
    もちろん、資金に余裕があれば問題ありませんし、いちいち現金決済をするよりも利便性に優れるのですが、やはり資金に余裕がない、または急に資金が必要となった場合などは資金ショートの原因になります。

    このため売掛債権を現金化する必要があり、その方法のひとつがファクタリングです。
    なお、ファクタリング以外にも債権を担保に融資を受けるといった方法もありますが、その場合には売掛先が支払いが出来なければ担保に入れてお金を借りた側に弁済する義務が発生します。

    売掛債権担保融資を調べるならこのサイトです。

    一方で、ファクタリングは完全に業者が買い取る仕組みですので、責任が発生しないメリットがあります。



    ただし買取ですので手数料は高めに設定されており、本来得られる現金の9割から7割程度しか現金化できないデメリットがあります。



    ただ、それでも現金を手に入れることができる手段であり、多くの企業で売掛債権を現金化する手段として利用されています。